新時代のじゆう論

常識アップデート、新時代の生き方、仕組み解剖・労働解放論をお届け!「思い込み」「当たり前」を外すと世界をもっと楽しめる!世界を着想するブログ

新時代のお金の集め方は「投資的集め方」ではなく「ファン的集め方」である。お金を集めたければ自分の尖った価値を発信せよ!

f:id:josou-world:20181211172941p:plain

はいっ!こんにちは!
今日は新時代のお金の集め方をご紹介します!
すでにもう始まってる新時代の集め方。
「〇〇円出したら、〇〇円のリターンがある」みたいな投資的集め方は
もう古いよ!って話。

 

新時代のお金の集め方は「投資的集め方」ではなく「ファン的集め方」である。お金を集めたければ自分の尖った価値を発信せよ!

今日はお金の集め方の話をするんだけど、
テクニカルな話の部分じゃなくて、
「これからはこういう方向性でお金を集めるようになるよ~」っていう
外枠の話をしますね♡

一言で言うと・・・
自分のワクテカ一筋で尖ってる人がドンドンお金を集めるようになるよ!
っていう話をします♡

 

 

■お金の集め方は2種類ある。旧来的な「投資的お金の集め方」とは?

お金の集め方には「投資的お金の集め方」と「ファン的お金の集め方」があります。
まずは、「投資的お金の集め方」についてお話しますね♡

お金を集めるときってみなさんどうします?

・お金ください!!!
・とりあえずバイトとか仕事探して働きます!!!(就業=自分が従業員になって時間を売る)
・起業します!!(自分が世の中に価値を提供し対価としてお金をもらう)
・とりあえずメルカリで売ります!(モノを売る)
・・・etc

まぁ、人によっていろいろとあると思うんですよね。


お金の集め方は「投資的集め方」と「ファン的集め方」があって、

投資的集め方というのは、お金の出資者に対してリターンを約束する。
お金とリターン交換型の集め方です。旧来的で今の社会を動かしている根本的なお金の集め方です。

 

f:id:josou-world:20181211125100p:plain


投資的お金の集め方において、
「お金を集める人」が提供する現在あるいは未来のモノ・サービスなどの価値

に対して「お金をあげる人=出資者」が「お金」を払って、「リターン」を得ます。

 

たとえばあなたがお金を集めたい!場合、さきほどの例でいうと…



・とりあえずバイトとか仕事探して働きます!!!(就業=自分が従業員になって時間を売る)
→お金をあげる人=創業一家資本家ザイオンは「あなたの「時間と労働力」」をリターンとして、あなたは「給料」というお金をもらうのです。


・起業します!!(自分が世の中に価値を提供し対価としてお金をもらう)
→お金をあげる人=銀行
銀行から借り入れする場合は、銀行が出資者になり、銀行は、

「お金を集める人の未来のアービスやモノ」をリターンとして、あなたは「出資金」というお金をもらうわけですよね。

・とりあえずメルカリで売ります!(モノを売る)

 →お金をあげる人=買う人は「あなたの現在売っているモノ」に対して「価格」を支払い、あなたは「売上金」をもらうわけですよね。

 

投資的お金の集め方というのは、「あなたが提供する現在あるいは未来のモノ・サービスを提供するというリターン」を、お金をあげる人・出資者に約束して、
お金を集める方法なのです。

投資的お金の集め方において、お金をあげる人・出資者にとって最も得たいものは、はあくまで「”モノ・サービス”というリターン」です。あなたじゃなくてもいいんですよ、裏を返せば。

たとえば、「100万円出資すれば10年後に1000万円になる」っていう話があるとします。その話が本当に実現さえすれば、それをあなたから買おうが、誰から買おうがどうでもいいんです。あくまで判断する段階で「誰から聞いたのか」という信用度の部分では影響しますが。


ぶっちゃけ給料さえもらえれば、どんな会社でもいいでしょう?
あくまで「人間関係」とか「その会社だから」っていうのも大事ですけど、
ほとんどの人にとっては「給料が大事」だから働いてるわけです。

これが旧来のお金の集め方です。
”「あなたとあなたが提供するモノ・サービス」というセットで、
優先順位は「モノ・サービス」が高い”これをリターンとして渡すから、
お金が集まる」というのが投資的お金の集め方なんです。

 

でも、新時代はそんな投資的お金の集め方ではない集め方で
お金を集めて成功する人々が続々と登場してきているのです!

それが「ファン的お金の集め方」なのです。

 

 

 

■新時代の「ファン的お金の集め方」とは?

では新時代のファン的お金の集め方というのは?

 これは投資的お金の集め方とは全然違います。

f:id:josou-world:20181211132521p:plain

ファン的お金の集め方において、
「お金を集める人」が提供する「その人だからこそ作り出す世界」

に対して「お金をあげる人=出資者=ファン」が「お金」を払って、「ワクテカ」を得ます。
「リターン」じゃないんですよ。

同じようにお金を集めることができますが、 投資的集め方とは全然違います。



投資的お金の集め方と比較してみます。

 

<投資的お金の集め方>

f:id:josou-world:20181211125100p:plain
お金に見合ったリターン。数値化可能。

 

<ファン的お金の集め方>

 f:id:josou-world:20181211132521p:plain

数値化不可能。

 

ファン的お金の集め方は、投資的お金の集め方の「リターン」にあたる部分が数値化不可能なのです。

 たとえばあなたがお金を集めたい!場合、さきほどの例でいうと…


・お金ください!!!

 
これで実際に無担保無借金状態でお金が集まれば「ファン的お金の集め方」ですよ。


普通は「お金をください!」といっても、集まりません。
「誰だよお前、返してくれるのか?」となりますよね。
これで「返す」となった時点で「投資的お金の集め方」になります。
リターンは返済と利子になりますからね。お金をあげる人は明らかに、
「利子」というリターンを期待してあなたにお金を貸すわけです。


これでも集められる人というのがいるわけですよ。
しかも一円たりとも返さずに。
お金をあげる人は「あなただからいいよ」とお金を渡すのです。そこで完結です。

 

 

投資的お金の集め方においては、

f:id:josou-world:20181211125100p:plain

★ 投資的集め方における価値の優先順位
モノ・サービス>あなた

となります。
あなたという要素も「信用度の判断」に影響はしますが、
出資者にとって、結局は「何がリターンなのか」が大事なのです。



対して、ファン的お金の集め方においては、

f:id:josou-world:20181211132521p:plain

 ★ファン的お金の集め方における価値の優先順位
あなた>モノ・サービス

出資者=ファンにとって、あなたの価値が圧倒的に高いのです。
モノ・サービスもある程度は大事ですが、それほどではありません。

 

実はこんなお金の集め方をしている人はたくさんいますよ!

・インターネット放送生主
・地下アイドル
クラウドファンディングにおいてリターンが全部その人自身に関するもの
・おごられ上手な人
・石油王を愛人に持つ女性
・人気芸能人・人気ブロガー・人気YouTuber

 ・・・etc

このような人たちは、「その人たちが作り出す世界」を発表して、
そこにファンたちが定着します。ファンたちは、その人たちの世界に反応し、
お金を払うのです。その人だから払うのです。
その人じゃないとお金を払いません。


 

さきほど投資的お金の集め方で、

”「あなたとあなたが提供するモノ・サービス」というセットで、
優先順位は「モノ・サービス」が高い”これをリターンとして渡すから、お金が集まる」

と言いました。

ファン的お金の集め方というのは、
”あなた”に対して、お金をあげる人=出資者が「ワクテカする」と感じるから、
お金が集まる」

 

ファン的お金の集め方というのは、「あなたというワクテカ」を、お金をあげる人・出資者が「自主的に感じ取る」ことで、お金を集める方法なのです。

 

 あなたじゃないとダメなんです。あなたが行うこと、あなたが提供すること、
何をしようが、あなたという存在そのものが価値になっています。

裏を返せば、あなたがやってれば何やったっていいんですよ。(あなたというキャラや世界観を崩さない範囲内であることは当然ですが♡)
そしてお金を集める。それがファン的お金の集め方です。

もうこんなお金の集め方が主流になってきているんです・・・


え・・・?
じゃあお金が欲しいから、手あたり次第「お金ください」って言いまくればいいの?
・・・という話ではありません。

f:id:josou-world:20181211132521p:plain


ファン的お金の集め方のキーポイントは「あなたの世界」なんですよ。
それがなければ、ファンなんてできやしません。


投資的お金の集め方 ファン的お金の集め方
リターン(数値化可能) ワクテカ(数値化不可能)
モノ・サービス>あなた あなた>モノ・サービス
旧来的 新時代的



これを理解するために、実際にすでにファン的お金の集め方をしている
人々を見てみましょう!

 

 

■旧来の常識では見逃されてきた価値にとんでもない価値が!自分という尖った価値を発信し続けると、勝手にお金が集まってくる世界

ファン的お金の集め方の代表格が、「インターネット放送生主」「YouTuber」でしょう。

 

f:id:josou-world:20181211132521p:plain

 YouTuberというのはYouTube上で広告費を稼いでいるわけですが、
可視化されない部分でファンからの献金や、企業からの協賛などを得て
莫大な収益をあげている方がいます。
(企業からの協賛はリターンがある投資的集め方の側面もありますが)

インターネット放送生主もそうです。インターネット上で動画を配信しながら、
囲いと呼ばれるファンたちにお金をもらったり、換金可能なグッズをもらったりして生活しています。有名な生主さんだと年収1000万円を超えている方もいます。

そうなればもう関連グッズを自主制作して市場価格の何倍のものでも売れたり、
ラインスタンプを販売したり、お金は自然に集まってくるのですよ・・・!
だって、彼らにお金を渡しているのはみんな「ファン」だから。ファンたちは自主的に「ワクテカ」してその生主やYouTuberたちにお金を渡しているのです。もちろんすべての生主やYouTuberたちがそうではありません。一部です。

その一部の人たちに共通するのは、

・キャラが確立されている
・長年やっている
・その人たち自身もワクテカしている!


まさに「自分の世界」をそれぞれ確立しているのです!
「自分の好きなことをやってると、気づいたらお金になっちゃった」って
いうパターンなわけです。

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

・テレビでは放送されないような日常的すぎる内容
・社会では人々が言わないような本音の内容
・多くの人がやらない変わった趣味の内容

など「ニッチ」で「今までのマスメディア等では放送されないような内容」
を放送し続ける人に多くのファンがついている傾向にあります。


とくに、
海産物の踊り食い、アウトローな内容、都市伝説的な内容、
変わった趣味に特化した内容、ある地方に密着した内容・・・etc
などテレビなどのマスメディアでは特集が組まれないような、
ニッチな内容を配信し続ける人にファンがついています。

今までのマストレンドな時代では見逃されてきた、
細かいマイクロトレンドが続々とインターネットによって
可視化してきているのです!


だから、「ニートが飯を食べてるだけの動画」が1万回以上再生されたり、
「地方の居酒屋に行って食べてるだけの動画」が30万回以上再生されたり、
「ニッチな趣味のイベントの無編集動画」が100万回以上再生されたり…

旧来の常識では見逃されてきた価値が、
インターネットという「全人類欲望投影装置」によって
可視化され、価値を帯びてきているのです!!

もしかしたらあなたが「こんなの誰も見ないよな…」と思っている
日常生活が、実はとんでもない価値を帯びている可能性があるということなんですよ!
だから「遊びを動画投稿せよ」って言ってるんですよね!

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 
要は、万人受けしないけど、一部のニーズにはめちゃくちゃ応えてる。
要は、尖っているのです。その尖った価値を発信し続けているのです。
そう、これがよく言われる「セルフブランディング」なんですよ。
あなただから、お金を払いたい!
というファンを創出するんですよ。

 

いや・・・
YouTubeとか生主とかなりたくないよ・・・
と思う方、

ブログでもいいじゃないですか。
ブログだったら顔出しなしで文字を書くだけ。時間に制限もされません。
顔出し無しのブロガーさんで、ファン的お金の集め方をしている人もいますよ。


いや・・・ブログもちょっとやりたくないなぁ・・・
と思う方、

実は、投資的お金の集め方の中に、ファン的お金の集め方を混ぜる方法もあるんですよ!

 

 

 

■既存の仕事における「投資的お金の集め方」に「ファン的お金の集め方」をミックスするだけでも十分集まる!

 結局、「お金を集める」っていうのは何もお金そのものだけではないですよね。

 

営業マンの受注だってそうです。
別に全員がYouTuberにならなくても、今やってる仕事の中でも
「ファン的お金の集め方」をアドオンで(付け加えて)取り入れることは可能なはずです♡


仕事の多くは、投資的お金の集め方になりがちですよね。そりゃそうです。
でも、その中に「ファン的お金の集め方」を混ぜることも可能です。

営業マンだったら、
「あなただから買いたい」と、顧客と親密な人間関係を作るという方法。
こうなれば、ある程度は数値可能なリターンを顧客から求められますが、
数字が危ないときに「あと〇〇万円買ってください!」というと、
すんなり「しょうがねえなぁ、あんただから買っとくよ」と買ってくれることがあります。一部はファン的なお金の集め方ができたりします。



あるいは、「商品のブランディングの徹底」もそうですよね!
もちろん「物販」というのは投資的お金の集め方です。
お金をいただいて、リターン(モノ)を渡すのですから。

でも、これだって、ハイパーブランドを見れば「ファン的お金の集め方」を混ぜてることがわかります。
ぶっちゃけハイパーブランドのG〇〇〇HIとか・・・
合皮で持ちも悪いのに何十万~何百万円もするけど、ファンは買うじゃないですか。
G〇〇〇HIだからですよね。

 

 商品のブランディングについては↓にも書いています。

kuriharachiaki.hateblo.jp

 このように、既存の商業活動や仕事に「ファン的お金の集め方」をミックスする

だけでも今よりもさらにお金は集められるのです!!

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 

 

■なぜ「ファン的お金の集め方」にシフトしているのか?

なぜ今投資的お金の集め方→ファン的お金の集め方にシフトしているのか?
簡単です。

日本ではすでにもうモノもサービスも飽和状態だからです。
日本ってもうモノは中古品で安く手にできるし、モノが不必要なんですよね…
サービスも。
もう日本の優秀な大手企業たちが黙ってても日本社会をよくしてくれるんですよ。

そして、インターネットによって民衆たちはいつでもどこでも、
簡単に体験をインターネット上に投影することが可能になりました。

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 インターネットって、人の欲望を投影する世界なんですよね。
(このあたりも詳しく書かねば・・・♡)

嫉妬心、虚栄心、性欲、食欲、出世欲、自己顕示欲…
さまざまな人間の欲求が投影(映し出されてる)世界なんです。


今までは、居酒屋とか給湯室とか井戸端会議とか、飲み会とか
会社とか、学校とか。ごく一部の限られた門戸しかない芸能界とか…
そういう「リアル」で限定的に発散するしかなかったんです。

でも今や、ネットでいつでもどこでもその欲求を投影して発散できるじゃないですか?

そうです、投影した世界の中で疑似体験することで、民衆は欲求を発散してるんですよ。もう疑似体験で満足する時代になってきてるんですよ、人間は。

物理世界から精神世界へ、人類は移行してるんです。
外側から内側の世界へ移行してるんです。

↓「新時代の3スキル」:インビジブルリテラシー参照

kuriharachiaki.hateblo.jp


投資的お金の集め方は、
あなたの外側のモノやサービスに対してリターンを与えて
お金を集める。
そうです、外側の世界です。

 

f:id:josou-world:20181211125100p:plain


でも、

ファン的お金の集め方は、
あなたの内側のあなたの世界を発信してファンにワクテカを与えてお金を集める。
そう、内側の世界ですよね。

f:id:josou-world:20181211132521p:plain

 

外側から内側へ世界が移行してきている。
これが最も根本的な理由なんですよ♡(^_-)-☆


でね!でね!


そのうち・・・世界は・・・・


すべての感覚を移動を伴わずに体験できる。
五感同期世界になります。
これはまたインターネットの未来の話でもするときに語ろうと思うね♡

お楽しみに♡♡

 


・・・


なぜ、くりりんにはそれがわかるの・・・って?

 

 

そうだね・・・

 

 

私はね・・・・

 

 

 

宇宙人だからだよ♡



嘘だよ!
人間だあああああああああああああああああ♡♡



最後はマジメにやっとくね♡
えっと、これからの時代はリターンを与えて見返りにお金を集める
「投資的お金の集め方」は古い!

本人がワクテカすることを突き詰めて尖って、
自分の世界を誰かがワクテカしてくれれば、
その人たちがファンになってくれてお金は勝手に集まるようになるよ♡

って話でした(^_-)-☆♡

 

本日はここまで!
SEEYA♡BELUCKEY♡