くりりんのおかまいなし日記

自分の「好き」以外には「おかまいなし」な生き方。本能のままに変に生きよう!

follow us in feedly

なぜ未婚率は上昇しているのか?今日本で起こってること。

はい!こんにちはー!
今日は未婚率上昇について書いてみます。

結婚しない人が増えてる理由と、今日本で起こってること。
わかりやすく書いてみたよ!

■なぜ未婚率は上昇しているのか?今日本で起こってることをひもといてみた。

 

f:id:josou-world:20181214111047p:plain

 今、日本では年々未婚率が上昇しています!
「あぁ、結婚しない人が増えてるのね」
って感じの人も多いですが、
そんな表面上の数字の裏側で、社会ではとんでもない変化が起こっているのです!

f:id:josou-world:20181214122520p:plain

f:id:josou-world:20181214122620p:plain

30代前半でも男性未婚率は47.1%…未婚率の実情をさぐる(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュース


超時代の変化♡楽しい♡それぞれみていきましょう!

 

■「結婚に対する思い込み」から人々が解放されてきている。「結婚」による「制限」を人々が許容しなくても生きられるようになってる

 これが根本要因です。

・結婚という制限を人々が許容しなくなっている
・許容しなくても生きていける

結婚というのは基本的には「制限」です。

・法的に性交渉を行える相手が婚姻相手に制限される
婚姻相手以外との性交渉が、法的には「不貞行為」となるために、
リスクが伴います。
結婚していなければそんな制限は当然ないですよね!


・居住地や職業選択を自分1人では行えなくなる
結婚すると基本的に同じ住まいに住みますよね。
「あーーーもうこの家飽きたし引っ越すかwww」
というのを自分の一存ではできません。
あるいは職業だってそうでしょう。

1人だったら基本的に何やっててもいいですし、
職業を自由に変えて居住地も変えることができますが、
結婚をしている相手も働いている場合、居住地が自由に変更しづらかったり、
可能性に対する制限がかかってきます。


・可処分財産が半分に制限される
基本的に結婚してしまうと、「財産は夫婦で半分ずつが取り分」です。
悲しいことに離婚することになった場合にこれは明らかになりますが、
夫婦のうちどちらかが働いていかなくても結婚していれば、「夫婦の共有財産」とみなされてしまいます。

・両家に対する責任が発生する
結婚をすると、「両家の同意」によって「結婚」という契約を結ぶわけです。
なので、結婚した以上夫婦それぞれの家に対して「婚姻関係を継続する」という
責任が発生します。「離婚したい」と思っても「両家に説明する」というtodoが増えたり、「家の顔」という制限も発生します。たとえば変な仕事に従事すれば「相手側の家の人がどう思うか」とかめんどくさい制限が発生したりします。


このように、基本的に結婚というのは「制限」なんだよね。。。
でも、今までの人々は結婚という制限を許容して生きてきました。
「結婚して一人前」「結婚するのが当たり前」という思い込みによって、
多くの人が人生を制限して生きてきました。 
もちろん、結婚することによって得られるものもありますので、
「結婚で制限されるから不幸」と断言できるものではありませんが。

 

でももう、こんな制限がないほうが楽しく生きれるんじゃね?♡
という考え方が広まってきていて、


・結婚しなくても自由に楽しく生きれれば一人前
・結婚するもしないも自由

結婚に対する制限を許容しなくてもいい!!!

「結婚に対する思い込み」から人々が解放されてきているのよ!!!!

 
でも、結婚によって得られるものがあることもまた間違いないことなの。
制限があるからって全部ダメ!という議論にはならないのでそこは要注意!


 

■「夫の収入ベースの人生」から女性たちが解放された。男女平等思想で女性の社会進出が随分と進んだ。

 これまでの結婚制度といえば、

・男性が働き収入を得て
・女性が家事選択を行い家を支える

という男女完全分業制で結婚する人生を営む人が多かったですよね!


でもあなたもお気づきのように…
もはや男性も女性も自分で収入を得る時代でしょ?

↓は女性の就業人口の変化です。

f:id:josou-world:20181214112851p:plain

総務省|平成26年版 情報通信白書|我が国の労働力人口における課題


日本の人口が減ってるので絶対数(棒グラフの部分)は減ってますけど、
人口に占める働いてる女性の割合(折れ線グラフの部分)は上昇してきてるよね!


これは女性が「男性の収入ベースの人生」から解放されてるってことなの。
最近「熟年離婚」というのが増えてるんだけど、これは夫の定年退職によって夫が労働収入で得る最後の大金「退職金」をもらってから「夫婦の共有財産」という結婚の制限を利用して、妻が「あ、ごめんw分かれるわw財産は半分こねwww」というトレンドの一種ですよね♡

結局、夫婦において、「夫が収入を得ているので、妻は夫の収入ベースの人生を送るしかない。妻は結婚生活がイヤでもさまざまなことを我慢して人生を送る」という悲劇がこれまでの結婚制度で繰り返されてきたのですよ( ;∀;)

でももう、妻も収入を得て収入ベースがある時代になっているので、
妻も結婚生活がイヤになれば「あ、ごめんww無理っすw離婚でwwww」
と離婚カードを収入面を気にせず使えるようになってきているのです。

お金という価値の交換券を持ってるほうが、そりゃ人生の行動選択肢が広がるのは明白ですしね!その価値の交換券の手綱を握ってきたのがこれまでは夫=男性だったんですよね…。そのために我慢してきた妻=女性たち。

これもう妻にとってはもちろん夫にとってもめんどくさいでしょ。

なんでもう好きでもない惰性で続けてる関係性の人と一緒にいなきゃいけないのよwって話でしょ?(^_-)-☆

 

 

 

■男性が男性を好きになり、女性が女性を好きになり、男性が女装男子を好きになり、女装男子女装男子を好きになり…「性別」という概念が常識ではなくなった

近年LGBT(性的少数者)の認知が進んでいますよね!
もはや”生まれた性別(男女)と自分が決める性別(性自認)は異なる場合がある”と社会的に認知されています。

これまで人々は、生まれた瞬間に社会が決定した「男性なのか女性なのか」という男女2分に分類され、それぞれの性に従った「男らしさ、女らしさ」という「ジェンダー」によってある程度社会における行動を決定されてきました。

でも、そんなの関係なくね!!??
とみんなが気づき始めているんですよ。

要は「社会が勝手に決めてる男女2分性別とそれに準ずるジェンダーに従って生きる」という洗脳から人々が解放されてきているのです。


私は女装者やトランスジェンダーの媒体もやっているので、この感覚を肌で感じています。私も当事者ですしねw

男性が女装した男性に恋愛することだって
男性が男性と恋愛することだって
女性が女性と恋愛することだって、
元男性の女性(性転換手術により自分の望む性別を手に入れる人がいる)が元女性の男性と恋愛することだって
自分の性別はよくわからない無性別の人と男性が恋愛することだって
男性でも女性でも人間であれば性対象になる人が女性と恋愛することだって
なんだってあるんです。

 

会が決めた男女2分性別とそれに準ずるジェンダーにとらわれない
恋愛、性対象の決定を人々が行うようになっているのです。

そもそも結婚は国民国家が決めた「結婚制度」を利用した契約行為なのですが、
この結婚制度は旧来の「男女2分性別」を前提とした制度なので、
この結婚制度を利用できない、あるいはしない人が増えているのです。

 結婚制度そのものをアップデートすべき時期にきているということですね!
それか結婚制度を廃止したっていいと思いますよ。条件緩和するとかね!!

 

 

 

■「結婚制度」を利用せずに結婚する「ゆる夫婦」が増加してる

 そもそも未婚率の上昇は「結婚制度を利用している人が減少している」ということを表します。要はちゃんと婚姻届けを出して法的に夫婦になる人が減っているということ。
でも実際、「事実婚」と呼ばれる、「法的には結婚していないけれど実質的には夫婦関係である」という人が増えています。

それは、さきほども述べたように、「結婚という制限を許容しなくていい!」と
結婚の思い込みから解放されている人が増えているものの、
「今までの結婚ほど制限を被るのはイヤだけど、今好きだから結婚生活みたいなのは送ってもいいよね!」という「ゆる夫婦」的な関係性で実質結婚生活をしている人が増えています。


要は、結婚のいいところだけを取り入れて、制限的な部分はできるだけ排除しよう!
という結婚です。でも結婚制度は利用しないので、データ上は「結婚している」とはならないということです。


<結婚のいいところ>
・ただいま!お帰り!のくだりができる
・家に帰ったら電気がついている
・ヒマになったら一緒に行動できる気心知れた人がそばにいる
・家賃等生活コストを分担できるので、一人当たりのコストを下げることができる
・「居場所」を作れる

でも今まではそれを得られる変わりに、1項で述べた「結婚による制限」を
人生において引き受けなければなりませんでした。

でも、「それはめんどくせえわwww」という層がこの「ゆる夫婦」になっているのです。

 

 

 

■合理主義が進み、「家」とか「家族愛」が絶対的なものではなくなっている。「個」が増強された。

 これまでの日本は「家」制度という子孫の継承の在り方で人々が歴史を紡いできました。
家があり、親戚があり、その一家の繁栄を続けるために、
結婚し、子供を産み、またその子供を産み・・・・家が繁栄し続ける。
それをつないできたのが「結婚制度」だったわけです。

人々は当然のように「家の繁栄のための人生」を送り、
「自分のやりたいこと<家の繁栄」という価値観を刷り込まれ、
人生を制限してきました。

あるエピソードがあります。
「北海道の漁師の町に生まれた男性が、芸能人になりたくて、
東京のとある事務所のオーディションの最終選考に通過。ほぼ芸能人になれる
ところまでいっていたのに・・・
地元の漁師家系を守るために芸能人の夢をあきらめた。
数十年たった今、男性は自分の人生を後悔している」

 要は、こんなのが展開されてきたわけです。
人生は一度しかないのに、誰のためでもない自分のための人生であるはずなのに、
家の繁栄を第一優先とした人生を送る人が多かったのです。
社会における個人の所属単位が「家」「家族」でした。

だから、みんな「結婚は制限」とわかってても結婚制度を利用して子供を産んできたのです。

それが悪いことだとは思いません。
今こんなブログを書いてる私だってその恩恵を受けているからこそ、今ここで命を燃やし続けているのですから♡♡

そして、日本の家制度は徐々に崩壊し始めます。
これはもうGHQが制定した憲法アメリカ傘下で発展してきた日本の戦後レジーム
の根本をなしますが「アメリカナイズ」されてきたのです。要は「合理主義化」です。

・地域のつながりではなく「個人」が大事
・家よりも「個人」が大事
・「個人」は競争のもとに勝ちあがる
・個人の力をまず最大化せよ

子孫繁栄が絶対的優先順位でなくなったため、子供を作る家庭も作る人数が少なくなり、子供を作らない家庭も増え、家族は核家族化が進みました。
「家よりも個」なので、人々はより個の利益のために地元を捨て、都市部に集中しました。地元ではない人々が集中したことで、地域コミュニティの各家同士の交流もなくなりました。

個人の社会における所属ベースは必ずしも「家」「家族」ではなくなりました。
日本の家制度は崩壊していきました。


そうなると、「家」「家族愛」がベースではなくなり、
「結婚という選択肢そのものが人生の行動選択肢にない」人が増え始めました。
「個人が幸せで楽しく暮らせたらそれでいいじゃん!!!!」
結婚制度を利用する人は減少しますよね!

 

 

■未婚率上昇の未来。結婚制度をアップデートした上で、みんなが楽しく暮らせるようになれば未婚率は必然的に低下し、婚姻率は上昇するだろう

 どうでしょう・・・
未婚率上昇の裏側で日本で起こってることを列挙しました。

 

・結婚しなきゃいけない!という思い込みからの解放
・夫の収入ベース人生から妻が解放
・性別という概念が常識ではなくなった
・ゆる夫婦の増加
・家制度の崩壊、個の増強


これに対して、ぶっちゃけいいも悪いも意見は錯綜するかと思います。

私は未婚率上昇しようが別にいいじゃん!って感じ。

「正義錯綜時代」の記事でも書いたんだけど、
「ある立場から見れば〇だったり×だったりするし、
総合的に考えて〇か×なのかは個人によってさまざま異なる」からね。

「子供を増やして生産労働人口を増やすべきだ」という立場に立てば
この未婚率上昇は×だし、
同じ立場でも「移民いれりゃいいか」という人は〇かもしれない。

そもそも「人口減ってもいいじゃん!AIがあるし、社会の制度設計上人口が減少するのは仕方がないこと。むしろ人口減少を前提にした社会に変えていけばいいじゃん!」という立場に立てば〇なわけじゃない?

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 私はね、やっぱり個人を大事にすべきって思うの。
個人のワクテカが最大化すれば、人間って次の欲求が出てくるものなのよ。

他人を満たしたい

という欲求なの。

今の資本主義社会の成功者たちもそうじゃん。
アーリーリタイヤしたら「次の人材を教育」したり「募金」したりするでしょ。

こういうのって私は「コップ理論」って呼んでるんだけど、
自分のコップが満たせてない=個人の人生が充実してない・幸福じゃない
人は他人を満たすほど水が入ってないの。

でも、自分のコップが満たせる=個人の人生が充実してて幸福な人は
他人を満たすほど水が入ってるじゃん。勝手にあふれ出るじゃん!!!


まず自分のことを第一優先に考えて、

自然にあふれ出る他者への愛情を回しあって生きていくのがこれからの時代なの。

だから、まずは個人。まずは自分。
これでいいじゃん!!!

んで、自分のワクテカに従って人生が幸福になればさ・・・
自然とわいてくるんだって、他者への愛情がさ(^_-)-☆♡
だからまず、社会を変革するには、

消費社会と資本家のおかしな関係性(バビロンとザイオン
とか、
社会でどう考えてもおかしいのに人々が思い込みで気づいてないこと
とか、
もっともっと自分のためだけに生きていいんだよ!という許容

とか、
よくわからない「同調圧力」という名の常識をアップデートしたり
とか、
洗脳まみれの社会から個人が解放されることが大事だよね♡♡

 

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 あとは、今の結婚制度はアップデートしないとね。
男女という旧来の二分性別を前提とした制度はおかしいからね!

そうすりゃ、勝手に増えるって!

だから未婚率上昇はそんなに大した問題じゃない!

 

本日はここまで!
seeya♡be luckey♡