新時代のじゆう論

常識アップデート、新時代の生き方、仕組み解剖・労働解放論をお届け!「思い込み」「当たり前」を外すと世界をもっと楽しめる!世界を着想するブログ

年賀状をなくそう!でも文化としては残り続けるから、廃止すれば得しかないよ。人間関係が希薄になるとかいう反対意見がナンセンスな理由。

f:id:josou-world:20181216165523p:plain


はい!こんにちはー!
今日は年賀状について書いてみるよん♡
年賀状を出してる人は年々減ってると思うんだけど、
年賀状なんてやめちまえ!!!!
っていう人が増えてる証拠でしょ♡これはとってもいいこと!
私も年賀状廃止賛成論者だから。
でも、文化としてはしっかり残ってるし、これからも残り続けるよねって話をします。

年賀状はいらない!もうなくそう!そのほうがみんなハッピーだ!!!文化としてはしっかり残り続ける。人間関係が希薄になるとかいう反対意見がナンセンスな理由。

 年賀状って出してます?
私はもう10年以上前から出してません。
もらったものに対して返事をする以外は。

マジで年賀状って今、社会的害悪のほうが超大きいので
即刻廃止すべきなんですよ。

みんなが年賀状だ~~~~さない!♡
ってなったら、もう年賀状なんて出さないでしょ?

それいいじゃん!

でもね、そうすると「年賀状は日本の文化なんだから残そう!」とか
「年賀状で伝えられる真心もある!これ以上人間関係を希薄なものにしていいのかクリハラ!」とか反論がくるんだけど、

いや、年賀状を出す人は減ってるけど、年賀状文化はちゃんと残ってるじゃん
何言ってんの?(^_-)-☆♡

って思っちゃうの。
そのあたりを詳しく書いていくね♡
もう年賀状なんて絶対出すな!!!!!!

年賀状が生み出す害悪。もうこれは悲劇でしかない。即刻とりやめるべし。

さっきから年賀状って言ってるけど、
厳密にいえば「紙媒体の年賀状」なわけですよ。
もう10年前までは国民の恒例行事だったでしょ?

・プリンターを買い替える、インクを買い替える
・年賀はがきを数百枚購入する
・せっせと印刷して12月中旬までにポスト投函する
・1月1日に各家庭に届く


ぶっちゃけ、大半の人は「めんどくせwwwww」って思ってたはずなの。
私も幼いころに両親が毎年のように年賀状作業してるのを見て、
「なんでそんなめんどくさいことしてるの?」って聞いたら
「文化だから」ってさ。
「めんどくさい文化ならやめちゃえばいいじゃん!って思わないの?」
って聞いたら豆鉄砲くらったような顔をしてたのを今でも覚えてる。。。


でさでさ!

年賀状ってもうマジで社会的害悪でしかないと思うんだよね。

・年賀状作業が12月に増えることで、郵便局員がパンク状態になる
・なぜなら、12月はネット通販の出荷量も年間で最も多いから
・そして、何より年賀状を書く側はめんどくさい


12月って手紙の配達料も、ネット通販の配達料も年間で一番多いのよ。
なんで一番多いものを1か月に集中するわけ・・・?

ネット通販はもう私たちの生活になきゃいけないインフラになってるよね。
でも年賀状って・・・・
別になくなっても困らないでしょ?

年賀状があることで、

郵便局員さんのストレス
・年賀状を出す人のストレス

を創出してるんだよね。

で、年賀状があることのメリットは・・・?

・年賀状受け取り側のほんの一瞬のうれしい気持ち

いやいやいやいやww
そう考えてもコストプロフィット合ってないと思うけどwwww


年賀状を廃止すれば、

郵便局員さん:増加するネット通販の配達で忙しい→給料が増える→ハッピー
・年賀状を出す人:出さなくてめんどくさくない→ハッピー

・年賀状受け取り側:ほんの一瞬のうれしい気持ちはなくなる→?


いや、なくなってないじゃん!!!!って話なのよ。

 

年賀状を廃止すれば、みんなハッピーになるし、年賀状は文化として残り続ける。現に年賀状を出さない人が減っても、残り続けてるじゃない

年賀状出すな1いらない!不要!って議論をするとさ、


・年賀状は日本の文化なんだから残そう
・年賀状で伝えられる真心もある。これ以上人間関係を希薄なものにしてはいけない

っていう反論が散見されるんだけど、

いや、残ってますやん。
年賀状が減ってる今でも、残ってますやん。これからも残り続けますやん。

って話なの。

みんなもう、紙媒体の年賀状が出さなくなってきてるけど、
ペーパレス年賀状は出してるでしょ?

LINEとかメール、SNSのタイムラインで。
これ、年賀状じゃん。

 

LINEでちゃんと「あけおめライン」を送ると喜ばれるし、
もらうと「うれしい!」気持ちになるでしょ?

普段、あんまりラインをしてない人にもさ、「あけおめライン」送ると、
返ってくるでしょ?
普段ラインしてなくてもう登録してたことすら忘れた人から
「あけおめライン」がくると嬉しい気持ちにならない?

これ、年賀状が生み出してる効用と同じじゃん。
違いは、紙媒体なのかペーパレス媒体なのかっていう部分だけじゃない。


文化としてはちゃんと残ってるの。

新しいかたちのペーパレスで、
年賀状文化は残ってるし、これからも残り続けるはずなのよ!!(^_-)-☆


しかも、人間関係なんて希薄にならないじゃん。

っていうか、そもそも年賀状だったら人間関係が希薄にならないの?って話。

年賀状だったらさ、最近連絡とってない人から年賀状がきた場合、
年賀状を返すとしてもタイムラグが発生するでしょ?少なくとも2日くらい。

でも、LINEだったら即時反応じゃん!
「ごめーん!なかなか連絡できなくて!今年は遊ぼうね!」って既読した瞬間に返せる。どう考えても、ペーパレス年賀状のほうが人間関係が希薄じゃないと思うけどね。


(紙媒体の)年賀状を廃止すれば、

郵便局員さん、出す側のストレスをカット!→ハッピー
・出される側は、ペーパレス年賀状をもらうので「もらう側のハッピー」は継続
・文化としても継続。むしろペーパレス年賀状のほうが即時返事できるので人間関係つなぎやすい!

 

もうこれは、廃止するしかない!!!!

 

でもね、ごめん、ちょっとだけ嘘ついた。
年賀状出してない!!!
って言ったんだけど、
本当にごめんなさい。

ちょっとだけ実は出してる♡♡♡
でもね、嘘ついた分、ちゃんと説明するから!

紙媒体の年賀状の有効な使い方♡
私はこうやって使ってるよ♡

 

年賀状を出す人が減れば減るほど、「年賀状ネイティブ世代」の心を射止めやすい

実はね…
年賀状を出す人が減れば減るほど…
実は、「年賀状ネイティブ世代の心」は射止めやすいんだよ…ふふふ。

ま、これはちょっとした処世術ね♡

私は以下のような人には紙媒体で年賀状を出してたor出すの。

・会社の上司
・仕事上でお世話になっててこれからも関係性を継続したい人
・重要な取引先で昭和時代から創業されてる企業
・保守的な思想の持ちぬしの年上、実力者


このあたりは、紙媒体の年賀状を出すほうが、得になるよ♡

しかも、年賀状を出す人が減れば減るほど、
「紙媒体でわざわざ年賀状を出す人」の付加価値は上がるの・・・ふふふ。。。♡


上記の人々って「年賀状を出すのが当たり前の世代」なのよ。
で、多くの場合「最近の若いやつら、最近のやつらは年賀状を出さない!けしからん!」って心のどこかで思ってることが多いのよ。

そこに、紙媒体の年賀状を出してごらんよ!!!


絶対に悪い気持ちはしないと思わない?

 

あわよくば、
「コイツ…律儀な奴だな」「コイツ…俺のことをちゃんと尊敬してくれてるんだ」
と評価が上がることにもつながるかもよ?

年賀状出すなんて印刷代含めて100円くらいでしょ?
たった1枚100円で1年間の初日に評価のベースを上げれるかもしれないなんて・・・超お得じゃん♡♡

 

だから私は今年も出します。紙媒体の年賀状。

結局、

・個人が出したい!と思えば出せばいい
・でも無思考に「みんなが出してるから出す」っていう紙媒体年賀状は徹底的に廃止したほうが社会はハッピーになる!
・ペーパレス年賀状でも十分思いは伝えられるし、新しい形の年賀状文化として残り続ける

 

年賀状も個人の「やりたいかどうか」で決めればいいってことか♡
簡単じゃん!


本日はここまで。
seeya♡be luckey♡