くりりんの人類解放日記

あなたの偏見・思い込みを溶かす、生き方ヒント集。洗脳だらけの社会を着想なう。読めばきっと何か見つかるはず。取り戻せ!本当の自分を。新時代の自由論、ここにあり。

follow us in feedly

イチロー引退会見は完全に新時代の生き方の哲学講義そのものだ。

はい!こんにちはー!
昨日は国民的英雄・イチロー選手が引退してしまい、その引退会見を真夜中に見てて号泣してしまいました。彼のかみしめてきたモノが表情、目の奥から伝わってくるような気がして・・・彼の白髪やシワが多くなった顔を見ながら、記者たちに見せる配慮の数々・・・これだけの偉人の何かをやり遂げた姿に、おそらく多くの人が共震したのではないでしょうか。

ところで、イチローの引退会見を聞いていて、「本当にイチローは哲学者だなぁ」と思いました。引退会見のイチローの発言を引用しながら、私がめちゃくちゃ共感させてもらった部分を書いてみました。 本当にイチローの引退会見は、新時代の生き方哲学講義そのものです。

 

 

人よりも頑張ってきたなどとは言えないけれど、自分なりに頑張ってきたとははっきりと言える。

人よりも頑張ってきたなどとは言えないけれど、自分なりに頑張ってきたとははっきりと言える。
これを重ねてきて、重ねることでしか、後悔を生まない、ということはできないんじゃないかと思います。

 これだけの記録を残しながら「人より頑張ったとはとても言えない」というのは謙遜でもなんでもなくおそらくイチローさんの本音のような気がします。
常に自分の中に基準があって、その基準に妥協せずにやり続けること。
それが気づいたらとんでもない結果を生んでいた・・・
それを体現してきたイチローだからこそ本当に説得力があります。

 
これは人生に通じます。
結局、どんな時でも「自分基準」なんですよ。

自分「これをやりたい!!!」
周囲「どうせ失敗するよ」「やめとけ」「恥ずかしいぞ」

こういうやり取りで、一体どれだけの人の純粋な思いがぶち壊されてきたのか。
そしてそれに最適化されて消費社会で我慢しながら生き続けるわけです。

そんなの絶対いやだ!!!!!!!!!!!!!!
常に自分に基準があり、他人と比較してもしょうがないのですよ。

人生は運ゲーで不平等で不条理です。
他人と比較しはじめるとその不条理さに、絶望すら覚える人もいます。
でも、そんなことをしても何も変わらないし始まらないのですよ。

自分は何を持っているのか?
自分は何をやりたいのか?
自分ができることはなにか?

これを重ねてきて、重ねることでしか、後悔を生まない、ということはできないんじゃないかと思います。

それを小さなことでもいいので積み重ねてみると・・・
きっと後悔のない人生を歩めるのではないでしょうか?

「自分で選んだんだから、運ゲー人生でどうなるかなんてわからないけど、後悔はないはずだ」って、私もそう思います♡♡

 

 

できるできないではなく、夢中になれるものを見つけてほしい。

(少年たちに向けて)
夢中になれるものを見つけてほしい。夢中になれるものが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていくことができる。
それが見つけられないと、壁が出てくると諦めてしまう。
色んなことにトライして、自分に向くか向かないかよりも、自分が好きなものにトライしてほしい。

いやぁ・・・本当にこれです。
もはや「できるできない」ではなく「やりたいかやりたくないか」なんですよね。

人って、社会とか国家の風習とか、家庭のオキテとかいろんなものに縛られて、いつしか「純粋なやりたい!」という気持ちを封印してしまいがちですけど、
そんなことしなくていいのですよ。

それが見つけられないと、壁が出てくると諦めてしまう。

そうなんですよね・・・。結局「好きじゃないから継続できない→継続できないから中途半端に終わる」んですよね。新時代は一点突破しなきゃ!平均化の波に飲み込まれてしまいます・・・というよりも、そんなことはどうでもよくてやりたい!」「ワクテカ!」に忠実にやってれば時間を忘れてそれに没頭できる。それに早く出会えるかどうか。出会った時に正直にその気持ちのまま行動できるのかどうか。


本当に、イチローさんはおそらくこれを何十年間と人々の期待を背負って記録を残し続ける中で、「引退する今から過去を振り返って」そう思うのではないでしょうか。

 

 

貫いたことは「野球を愛し続けたこと」

(野球人生で貫きとおしたことは?)
野球のことを愛したことだと思います。

これは変わることはなかったですね。

 なんていう深い言葉なんだ。
これは完全に「イチローが言うから」本当に深い。

結局言葉というのは「何を言うか」ではなく「誰が言うか」なんですよね。
人々は「言葉」だけでなく「それを誰が言っているか」でその背景や生き様・なんだったらその言葉に乗っかってくる「見えない力」のようなものを感じ取る生き物なんだと思います・・・。


これも人生に通じます。
結局「他人からの受け売り」をそのまま話したりしてもあんまり意味がないのですよ。自分の経験が自分の心の中で処理されて「見識」になって重みになる。
だからこそ、私たちは好きなことに没頭すべきなのです!
やりたくないことをやってる暇なんて一秒たりともないはずなんですよね(^_-)-☆

 

50歳まで現役と言い続けたから45歳まで続けられた。言葉にして表現することは目標に近づく1つの方法です。

最低50歳までは現役のために、日本に戻ってきてプレーする選択肢はなかったかなかったです。

 最低50歳までは本気で思っていた。その想いを表明してなかったら、ここまで来れなかった。

難しいかもしれないけれど、言葉にして表現することは目標に近づく一つの方法じゃないかなと思います。

 いやぁこれも本当に深い。
イチローさんはずっと「50歳で3割売って現役引退する」とずっと公言してました。
結局45歳で現役を引退することになったわけですが、そんなことどうでもいいんですよね!
イチローさん自身は「本気で50歳で3割打つ」と思っていたのだから。
結局これもイチローさんの中にある自分基準なんですよね。

ここ最近のイチローは全盛期「当たり前のように打率3割以上打ち続けていた」姿とは程遠い姿でしたがファンの中には「晩節を汚すな」とか「早く引退してほしい」とかそういう声もありました。でもイチローにとってはそんなのどうでもいいわけですよ。「自分がやりたいから、やる」。

そういえば、あの三冠王3回の落合博満氏も同じようなこと言ってましたね。
「俺は本気で4割打てると思ってた練習してきた。だから3割5分打てたんだ」

これは人生にも通じます。法律さえ守って人に迷惑をかけていなければ、誰に何を言われようが「自分がやりたいと思うこと」をやればいいのです。周囲の声なんかに惑わされてはいけません。とくに周囲はおそらく「社会のいろんな洗脳」まみれの価値観で、あなたの純粋な思いや欲求に水をかけてくるでしょうから。そんなことをしなくていい!!!

できそうな夢じゃなくていいんですよ。
もう想像もできないくらい途方もない夢を描けばいいと思うのですよ。
運ゲーだから叶うかもしれないし、叶わないかもしれない。
でも、どうなろうが絶対にその描いた未来に近づくことは間違いないはずです。

延長線上の未来ではなく「自分が行きたい未来」をちゃんと選んで設定すること。
これが本当に新時代の大事な生き方です。

 

 

自分を少しずつ限界突破し続ける。地道に進むしかない。

(生き様で伝わっていたら嬉しいなと思うことはありますか?)

人より頑張ることなんてとてもできない。

あくまでも秤(はかり)は自分の中にある。

それで自分なりに秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくを繰り返していく。
するといつの日か「こんな自分になっているんだ」という状態になって。

 

少しずつの積み重ねしか、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えている。

 結局こうなんですよね。

「未来を選ぶ」の記事でも書きましたけど、本当にそうだと思います。
「いつかこんな自分になっているんだ」というのがまさに未来を選んでいるということです。

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

「先に未来を置いてから、そこから今を見て、今の目の前の1つ1つをやり続ける」
そうすれば、運ゲーだからどうなるかなんてわからないけど、自分で選んだ未来だから後悔は少ないはずだ」。
まさにイチローさんも言ってることは同じです♡♡

 

地道に進むしかない。
進むだけではないですね。
後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあるが、でも自分がやると決めたことを信じてやっていく。

 それが正解とは限らない。
間違ったことを続けてしまっていることもある。
でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えない。

 自分なりに重ねてきたことを、ファンの方はそういうものを見ていてくれたのかなと思っている。
そうだとすればすごく嬉しいし、そうじゃなくてもあれは嬉しいです。

 「(信じてやり続けるけれど)それが正解とは限らない」というのがまさに、
運ゲー」ということなんですよね(^_-)-☆

 

 

僕は我慢が苦手なので、我慢したことはない。自分がストレスの内容に行動してきたつもり。

イチロー選手が現役時代に一番我慢したものは何か

僕は我慢が苦手で、楽なことを重ねている感じだった。

自分ができること、やりたいことを重ねているので我慢の感覚はない。
とにかく身体を動かしたくて仕方がない。
身体を動かすことを我慢することはたくさんあった。

それ以外はできるだけ自分にストレスがないように行動してきたつもりだ。

家では妻が色々と考えてくれるけど、ロードに出ると我慢できないから食生活がめちゃくちゃになる。

聞かれたような趣旨の我慢は思い当たらない。

 

 「正しい努力のやり方」でも書きましたけど、
「本人は我慢なんてしない。それが他人にとっては我慢だと映る場合がある」だけの話なんですよね!!

kuriharachiaki.hateblo.jp

 イチローさんって他人から見ればどう考えてもストイックでいろいろと我慢してるんだなぁと考えがちですけど、本人は全くそんなことはないのですよね!!!

 

これも人生に通じますよね。
我慢なんてしている暇はないのですよ。人生って本当に、100歳まで生きても5000週間くらいしかないんですよ・・・。
今あなたがどれくらい生きているかわかりませんが、私だったら80歳まで生きるとしてあと残り2500週間くらいしか残ってない・・・。
我慢しているヒマなんてないんですよ。そんなことよりも、自分の純粋にやりたいことをやり続けてたい。「我慢できないこと」は、ある種、「我慢美徳洗脳」がはびこる社会においては立派な才能です。

 

どこからが成功でどこからが成功じゃないかなんて判断できない

(夢を叶えて成功して、何を得たと思っていますか)
どこからが成功で、どこからがそうじゃないのかは判断できない。

 成功ってなんなんでしょうね・・・?

kuriharachiaki.hateblo.jp

きっと成功って「幸福」なんだと思います。
幸福ってほんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとに
人それぞれ全然違うので、
「自分が思う成功」と「誰かが思う成功」って全然違うんですよね!
でも!!!!
「自分が思う成功」を追いかけ続ければいいのだと思います。
それがきっと幸福なのではないでしょうか。

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 

 

できると思うから行くのではなく、やりたいと思うなら挑戦すればいい。そのときにどんな結果が出ようと後悔はないはずだ。

だから成功という言葉は僕は嫌いなんですけど、
新しい世界に挑戦するということは大変な勇気だと思うんですけど、ここはあえて成功と表現するけど、
成功すると思うからやってみたい、それができないと思うからやらない、という判断基準では後悔を生むだろうと思う。
できると思うから行くのではなく、やりたいと思うなら挑戦すればいい。
そのときにどんな結果が出ようと後悔はないと思う。
基本的にはやりたいと思ったことに向かっていきたい。

 まさに。
「できるかできないか」ではなく「やりたいかやりたくないか」。
もう本当に、新時代の生き方も哲学そのものですね・・・( ;∀;)

イチローさんって、野球選手じゃなくても、きっと哲学者としても、超一流ですね・・・( ;∀;)♡

 

まとめると・・・

本当にイチロー選手、お疲れ様でした。

 

イチローさんの引退会見はまさに「新時代の生き方哲学講義」でした。

 

・「やりたいかやりくないか」で選べ!
・常に自分基準で考えよう!
・目標は高く!公言しよう!
・やりたくないことなんてやってる暇はないぞ
・我慢なんてするな
・できるかできないかではなく、やりたいならやればいい。それは絶対に後悔がないはずだ

 

なんか、超おこがましいけど、「新時代のじゆう論」で言ってることとちょいちょいリンクしててうれしかった♡♡

マジで昨日飲んで帰ってきてから、メイク落とすのも忘れて1時間30分くらいの会見をずーーーーっと時間も忘れて号泣してみてました・・・

私の言葉なんかじゃ到底足りないんだけど、
本んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんっとおうに、お疲れ様でした。
あなたの一挙手一投足が、日本人の、世界中の人々の心の中に何かを残してくれました♡ありがとうございました♡

 
イチローさんの会見は↓

 

www.youtube.com