くりりんのおかまいなし日記

自分の「好き」以外には「おかまいなし」な生き方。本能のままに変に生きよう!

follow us in feedly

卒業「graduation」の意味は「階段を上る」という意味なのだ。

はてなブログ今週のお題「卒業」についてちょろりと。
卒業って英語で言うとgraduation「グラデュエーション」なんですけど、
卒業って「別れ」とか「終わり」「次へのスタート」とかいろいろとありますが、
graduationの語源を探るとその本質的な意味を知るヒントになります。
オネエが教える新感覚オカマイングリッシュ開校!笑

 

grad/gress「段階」。グラデーション(gradation)って「層」のイメージあるでしょ?

そもそも、語源というのは「元々使われていたニュアンス」を反映しているので、
「語源をたどれば、文字の意味が理解しやすい」という大前提がある!

 

で、このgraduation「卒業」の語源をたどってみると・・・

grad/gress「階段・段階」という「ダンダン!層!」というイメージがある。

 

f:id:josou-world:20190326122136p:plain


ほら!女性たちがよく使ってる「グラデーション」。
このgradationも「grad」が入ってますよね!

このグラデーションも、顔に影と光の印影をつけて顔を立体的にするメイクテクなんですけど、まさにこの「ダンダン!層!」のイメージ通りです。

ビジネスで英語使ってる人は「gradually(グラデュアリー)」という単語を目にしたことがあると思いますけどこれも「徐々に・ゆっくり」みたいな意味で、
「ダンダン!層!1っ歩ずつ」みたいなイメージですね!

まさにこのgraduation卒業というのは、単に「人生の1つの階段を上がった」という意味で、そこには「次の階段は?」という未来志向的な意味が付帯しているのです!

さらに言えば「卒業したからと言って、次の段は次の段でやるべきことをやっていこう」というポジティブな意味にもとらえることができるわけです。

だから、卒業というのは私の中では「終わり」とか「別れ」というイメージよりも
「階段を上がる」というイメージしかありません!

で、次の階段で何しよう?♡的なね!

 

 

言葉が伝える成功は「1歩1歩」progress

新時代のじゆう論で私がずっと言ってる「目の前の1つ1つを積み重ねましょ♡」も、まさに英語でいうと「progress~進む」なんですよね!

 

pro(前)+gress(ダンダン!層)→前へ階段を一歩ずつ進んでいく
※proは前。ほら!プロフェッショナル(professional)を考えればわかりやすい!
プロって人前に立つ人でしょ?♡)

まさに、飛び級なんかじゃなくて、本当に目の前の1つ1つをget things done(やり遂げる)ことで、目標や未来に近づいていく!という意味をそのまま表してるよね♡

 

降格「degrade」も「階段を一段下がった(んだからまた一段取り戻す)」という意味

ビジネスシーンだと「degrade~降格する」っていう意味も使われるけど、
これも「一段下がった→だからまた取り戻すだけ」ってとらえることもできるよね!

 

de(下)+grade(ダンダン!層)→下へ下がる→降格

ほら、deってマイナスっぽい単語によく使われるでしょ?♡
depress(落胆させる)、destitute(貧困)みたいにさ。
de=downなんだよね!decrease(下方修正)なんかもそうだよね!

f:id:josou-world:20190326122136p:plain

 

卒業とは「階段を1歩上り、次に何するのかを考える”段の移動”」なのです!

 

新生活の人がもし見てくれてたら↓は必須記事ね♡ご覧あれ♡

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

 

 

kuriharachiaki.hateblo.jp