くりりんの人類解放日記

あなたの偏見・思い込みを溶かす、生き方ヒント集。洗脳だらけの社会を着想なう。読めばきっと何か見つかるはず。取り戻せ!本当の自分を。新時代の自由論、ここにあり。

follow us in feedly

国民年金は大方もらえないけど、それでも払ってる方がいいたった1つの理由

はい!こんにちはー!
日本年金機構さんのずさんなお金の管理やずさんな投資や、ずさんな将来設計のおかげで!私たちは国民年金を「老後のために貯めている」のではなく、「今もらってる人たちに横流し」されてる状態なわけですが!


よく聞くのが「どうせ、年金なんて払ってても、もらえないから払わない」という人がいますね!ぶっちゃけね、それがナンセンスな理由が1つだけあるのですよ。
たしかに「もらえない、あるいはもらえる額が極めて少ないリスク」は十分あるのですが、それを理由に国民年金を支払っていないと、「あるものがもらえないリスク」が発生するので微妙なんですよね・・・

みなさんのよりよい自由で楽しい人生のための判断材料の1つに私の考える国民年金論をお話します!参考になればいいな♡

f:id:josou-world:20190315133727p:plain

国民年金は、国民の義務だというルールだから払う。

国民年金を払わない!だって、もらえないもん!

という人をたまに見かけますが、それ、完全にアウトですよ!

というのもね、この日本という国は米さんみたいに冷たい国ではなく、国民皆保険だから、絶対に国民年金は支払わなければならない国民の義務なのよね。
ルールなの。それが私たちが生きる日本という国民国家のしくみの一部なの。

だからそもそも「もらえないから払わない」というのはルール違反なんだよね!
国民として、この日本国の国民国家の恩恵を享受している以上、ルールは守らないと。


だから年金制度がどうであれ、いくらもらえる可能性が低いとはいえ、
「払わない理由はない。義務だから払う。」
理由はそれだけだよ?

ルールだから、守る。

それだけ。

でもね!

ルールをおかしいと言ってそのルールを変える自由は私たちの手の中にある。

のもまた事実なんだよ。


毎日朝起きて、ミサイルが降ってくる心配もほとんどしなくてよくて、ちょっと歩けばコンビニがあってさ、パジャマ姿で財布丸出しで道を歩いててもほぼ強盗に襲われることもなく、200円くらい出せばパンとコーヒーが手に入るじゃん?んで「おいしいなー」って言って、お散歩とかできるじゃん?

これ、日本国が用意してくれてる「自由で楽しい生活」のためのプレミアムなんだよ。日本という国民国家の中で私たちが国民として生活する「権利」を私たちが行使してるからできることなんだよね!超幸福じゃん!

日本国以外のさ、たとえば、イエメンとかいってみるとわかると思うけど、
そんなの無理だよ。いつ銃で撃たれるかもわからない状況の中で、恐怖におびえながら外を歩かなきゃいけないし、ましてやコンビニなんてない。おなかがすいても場合によっては我慢しなきゃいけない。そんな中で生活できる?私はできない。


日本って超いい国なんだよ。

でも権利と義務は必ずセットになっていて、
その義務の1つが「法律を守る」ってことなの。

国民年金法」っていう法律で「日本国民は全員、国民年金を支払えや!」って決められてるの。だからその義務は果たさなきゃ!だからこそ、さっき言ったような日本国での楽しい生活が送れるんだよ?

義務の1つである「納税」だってそう。これは「日本国の利用料」みたいなものなのよ。私たちが普段「当たり前」に使ってる道や電気や水道…いろ~~~んなものも、日本国があるからこそ使えているんだわ。だからこそ、その利用料として税金を納めるわけ。もちろんその税率とかその使われ方とかは別途議論が必要な部分もあるけどね!大枠としては合理的なんだわ。

 

だから、国民年金を払わないという選択肢はそもそもないの。払わない合理的理由がないんだもの。払わないなら、日本のルールが嫌ってことだから、日本を出ていけばいいじゃん!っていう話になっちゃうわけ。だって日本を出る自由もあるからね。


この日本を出る自由だって日本国のおかげなんだよ?パスポートがほぼどの国でも通用する国なんて世界で見れば少数派なんだから!( ;∀;)

だから「国民年金を払わない」に合理的理由があるとすれば、「払わないという未来を創るために、現状を変えるための行動を行う」くらいだよね!でもルールがある以上、今は払おうぜ!って話なの。

それが私たちが生きる今の自由主義の社会なの。
義務の分、私たちはたくさんの自由を享受(受け取ってる)でしょ?


でも、国民年金として支払った分以下しか、受給はできない!のはほぼ確定しています!
これも把握しておかなきゃねw

 

https://www.minnanokaigo.com/news/yamamoto/lesson19/

f:id:josou-world:20190315121324p:plain

 

とまぁ、年金の基本的な部分はこれくらいにしておいて、

それでも、国民年金はルールだから払うべきだし、
しかも、それ以上に払っておいた方がいい理由が他にちゃんとあるのですよ!!

「ルールだから」以外にも「障害年金をもらえる権利確保というプレミアム」がある国民年金制度

実は国民年金には「定年後に一定額のお金をもらえる」という部分以外に、
意外と注目されていないプレミアムがあるのです。

 

みなさん、障害年金って知ってます??
これは生活保護制度とは別に「働けない人がもらえる生活補助金」です。その障害の状態によってもらえる額は変わります。

 

https://www.minnanokaigo.com/news/yamamoto/lesson19/


障害厚生年金1級 平均月額153,752円
障害厚生年金2級 平均月額118,738円
障害厚生年金3級 平均月額61,530円
障害基礎年金1級 平均月額82,016円
障害基礎年金2級 平均月額66,358円

これにサラリーマンの方などは「厚生年金」にも入ってると思うので、そのような方は月額10万円~20万円くらいが障害認定されればもらえることになってます。

この障害年金の障害認定範囲は広く設定されていて、お仕事中に指を切断してしまったり、事故で半身不随になってしまったり、働きすぎて精神疾患になってしまったり、カラダ・精神両面において障害認定されればもらえる制度なのです。

こうなってしまう可能性は、実はすべての人に十分あるんですよ・・・。


仕事中、運転中、買い物中…
生きてるだけでそうなってしまうリスクと常に隣り合わせで私たちは生きているんです。それが運ゲー社会。


ましてや、まだまだ「労働解放」が進んでいない社会で精神を病んでしまう可能性だって十分ある。

だから、「障害によって働けなくても生きていける」状態を作っておくのは、生きてい行くうえではかなり重要なリスクヘッジになってるわけです。

でこの障害年金なんですけど重要なのが、障害年金国民年金を払ってないともらえないのですよ。

障害基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法|日本年金機構

国民年金(障害基礎年金)
支給要件
国民年金に加入している間に、障害の原因となった病気やケガについて初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(これを「初診日」といいます。)があること
※20歳前や、60歳以上65歳未満(年金制度に加入していない期間)で、日本国内に住んでいる間に初診日があるときも含みます。
一定の障害の状態にあること
保険料納付要件
初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。ただし、20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、納付要件はありません。
(1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
(2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

 
だから私は、どうせもらえない年金受給額なんて結構どうでもいいと思っていて、
そんなことよりもこの「障害年金をもらえる権利を保持している」つもりで支払いを続けています。


そう。ルールだから支払う‥‥だけじゃ納得しづらいけど、「障害年金を受給できる権利を保有している」というもう1つの理由を付加すれば、国民年金を支払う理由としては十分だと思うのですよ。
マジで人生、何が起こるかわからないわけじゃないですか。運ゲーって何度も言ってますよね。

不確定で、不条理で、不平等なのが人生です。

kuriharachiaki.hateblo.jp

 

え?生活保護じゃダメなの?という人もいますけど・・・
もちろん生活保護ももらえる可能性はありますけど、
障害認定されていれば、障害年金のほうがいいです。それはね!

 

生活保護は死ぬまでもらえるけど、障害年金は65歳までしか受給開始できないし、生活保護よりも自由

生活保護は死ぬまでもらおうと思えばもらえます。

 不正受給は最悪ですけど、それ以外なら国民の権利として堂々と受ければいいのですよ。医療費の部分以外はそこまで社会的害悪でもないですし。

kuriharachiaki.hateblo.jp

 でも、障害年金は65歳までしか受給開始できません。65歳までに受給開始していれば、65歳以降も受け続けられます。

障害認定されるのであれば、生活保護よりも圧倒的に障害年金を受給するほうがいいのですよ。
生活保護障害年金を比較してみました↓

 

  生活保護 障害年金
支給要件 働きたくても働けなくて 資産がなくて扶養してくれる人もいない場合 障害認定されたらOK 資産があっても扶養してくれる人がいてもOK
年齢制限 なし 65歳まで
資産が入ったら 打ち切り そのまま継続 入った資産貯金OK
収入が増えたら 打ち切り or減額 そのまま支給 場合により少し減額
監視体制 月1のケースワーカー訪問 収入があった場合報告義務あり 不正受給ばれたら一発アウト 2~3年に1回診断書提出 収入報告義務なし

 

 ね?全然違うでしょ?

年金を支払ってなくても生活保護があるからいーや・・・・
は理由にならないほどに差があります。


国民年金はルールだから払う。しかも払ってるとすごいリスクヘッジもできる。払いたくないならルールを変えるしかない。し、未来はどうなるかわからないから、やっぱり払ってるほうがいい。

 結局、私たちは国民国家で生きてる以上、ルールは守らなければいけません。
そのルールのおかげで、ものすごく多くの自由を享受できているわけだから。

ムカツク相手を殴らないのも国民国家があって法律があるから。
いとも簡単に殺人が起きないのも国民国家があって法律があるから。
私たちが普段「当たり前に享受してる自由」の源は国民国家にあるんですよ。
今のところね!!!(^^♪♡

もちろん、これらの仕組みが今後変わっていく可能性も十分にあるし、
おそらく変わっていく。

何が起こるかなんて誰にもわからない♡♡
わかってないからこそ、面白い♡♡

 それは前の「未来を選ぼう」の記事でも書いたけどさ!

kuriharachiaki.hateblo.jp

しかも、ぶっちゃけ私は今30代前半。
今のルールのまま継続すると年金をもらえるのなんか30年以上後じゃん。
多くの世代もまだ10年後とか20年後なわけでしょ?

10年後20年後の未来なんて、マジでどうなってるかわからないじゃん。

もしかしたらめちゃくちゃもらえるようになってるかもしれないでしょ?
そんなのわかんないじゃない。

しかも今のまま継続したとしても「障害年金がもらえる権利」というリスクヘッジができる。

国民年金、払わない理由なんてないでしょ?(^_-)-☆♡

 

ただ、「国民年金機構」とかいうふざけた組織は、なんとかしないといけないけどね。それも結局は、私たち1人1人が声をあげなきゃ何も変わんない。
世の中って意外とシンプル。
我慢するな!声をあげろ!これはほぼすべてに通じる。

時代はいつだって変化してる。
わからない未来に向かって。
すべては不確定で、すべては運ゲー
どうなるかわからないのが基本線の中で、
私たちは心をもって、行きたい未来を選んで生きていくわけじゃん?

それを担保してるのが今のところ「日本国」っていうだけの話!

ルールは守ろう。しかもそれだけじゃないプレミアムもあるんだから。
そして、ルールがおかしいと思うのなら声をあげよう。

未来は選べるんだから。

 

本日はここまで!
seeya♡(^_-)-☆b