くりりんの人類解放日記

あなたの偏見・思い込みを溶かす、生き方ヒント集。洗脳だらけの社会を着想なう。読めばきっと何か見つかるはず。取り戻せ!本当の自分を。新時代の自由論、ここにあり。

follow us in feedly

「ネガティブ暇人」に消耗されるサービス従事者等「公的な人々」。「お客様は神様」みたいな過接遇なんてやめてしまえ!

「公的な人」っているじゃないですか?
芸能人とかそうですよね。政治家もそう。
そういう人ってもうみんながわかる「公的な人」だからある意味「公人」じゃないですか。
でもそういういわゆる「日常生活にはいない人」だけが公的な存在ではなくて、
お店に行ったときの店員さんもある種その場においては公的な存在なわけですよ。
公務員なんかもそうだよね!警察官とか。

私的なものを殺してサービスを提供する存在ので日常生活でも触れ合える人のことを私は「公的な存在の人」と呼んだりしているわけですが、
でも、最近、こういう公的な存在の人って今後、ますますめんどくさいですよ…

「公的な人」とは何か?

f:id:josou-world:20190701185203p:plain


「公的な人」は、社会生活を送っているといろんな場所に存在しています。
警察官等の公務員はもちろん、公務員ではないものの「公的なの人」というのは、

・飲食店員や、携帯ショップの店員さん等のサービス従事者
・政治家
・芸能人や有名人

こういった人々は、「私的な存在」ではないわけですよ。

「公的」というのは「個人の社会的集団の一員としての属性」また「政府の、国の」という意味で、「個人としての自分とは切り離された、社会的組織の一員としての自分」なのですよ。

たとえば、携帯ショップの店員さんなんかは、普段制服なんて着ていないし、
お客様を接客する「携帯ショップという集団としての自分」として働いているわけじゃないですか。ある意味業務時間中は公的な存在になっているのですよ。



・飲食店員や、携帯ショップの店員さん等のサービス従事者
お客さん(私的)⇔店員さん(公的)


・政治家
国民(私的)⇔政治家(公的)

・芸能人や有名人
ファン、視聴者(私的)⇔芸能人や有名人(公的)

という「公私の対比構造」があるのですよ(^^)/

こういう「公的な人」は、今後しばらく不遇でめんどくさくて、
損な時代にさしかかっているのですよ…( ;∀;)というのも・・・

 

モンスタークレーマー、正義マンコスプレでうっぷん晴らしをする「ネガティブ暇人」のストレスのはけ口にされる公的な存在の人

 「悪質クレーマーはお断りしてこの社会から排除していこう」という記事でも書きましたけど、 世の中は、「弱い者いじめをしてストレスを発散するという極めてネガティブな暇人」が存在していて、、、

 悪質なクレーマーなんかはまさにその典型なんですけど、

悪質なクレーマーというのは、自尊心が低い人が多いのですよ。セルフイメージが低い人がそうなりがちなんですよ。

なぜかというと、自尊心が低い→周囲に対する警戒心が強い→些細なことでも傷つく・自分を傷つけられたと察する→悪質クレームをすることでストレス発散・偽の自尊心の回復をしているのですよ。

自尊心が傷ついた人は、改善のための努力でしか現実を変えることはできないのですが、「悪質クレームをいれて、一時的に自分が上に立つ」ことで偽の自尊心の回復を行っているのですよ。

おれは客なんだぞ!!私はお金を払っているんだぞ!!!というくだらないマウントで、自尊心の回復をするのが悪質なクレーマーの正体なのですよ。挙句の果てには、自尊心の低さによって日常生活で受けている様々なストレスすらも「悪質なクレーム」に上乗せして、発散しているのです。

悪質なクレーマーは「切り捨てる」か「料金上乗せ請求」してしまおう!「ストレスのはけ口」を労働者に向ける人々。 - くりりんの着想日記-新時代のじゆう論-

「お客様は神様です」的な「 私的な存在の人は、公的な人よりも上の立場である」という日本人特有の意味不明な「過接遇文化」があるおかげで、
公的な人は私的な人にとって「弱者の立場」になりがちなんですよね。
本当はそんなことないのにね、どう考えても対等のはずなのに。


自分の人生が不幸だったりうまくいかない理由は、たいてい「自分自身の行動」が原因なので、「自分自身の行動を改めて幸福になるしか方法がない」のですが、
「自分自身の行動を改める」のはまぁまぁしんどいことだったりもするので、

人生がうまくいってなかったり不幸な人の中には、「弱い者いじめをして一時的に自分が優位になった錯覚を得て、自尊心の回復を行う」というとんでもなくネガティブな行動をする人が出てくるのですよ。私はこういう人々を「ネガティブ暇人」と呼んでますがw

 

だってどう考えても暇人じゃないですか。
要はモンスタークレーマーとか理不尽なことを店員さん等の公的な人に喚き散らす人って、
「そんなことをしても自分の人生が幸福になるわけでもないのに」やるんですよ?
公的な人々のストレスが増えるだけで、社会にとっては害悪でしかないのですよ。
なのに、やっちゃう。
暇人以外に呼称が見つからないでしょう( ;∀;)
でもやってることは極めてネガティブなので「ネガティブ暇人」なのです。

 でね!


今後、ますます二極化が進んで、正義錯綜社会になって、だれもが個人メディアになれる「誰でもクレーマー社会」になってくると、そういう公的な人々は、ネガティブ暇人に消耗されてしまうのです・・・( ;∀;)

kuriharachiaki.hateblo.jp

店員さんに向かって「言葉遣いが悪い!!!!土下座しろ!!」だの。
警察官に向かって「お前は国家の犬だろ!へらへらしてんな!!」だの。
政治家に向かって「死ね!!」だの。

公的な存在の人の前だけでは自分が優位に立てると勘違いしているネガティブ暇人たちが、そのストレスのはけ口を向けているのですよ。

ネガティブ暇人による公的な人の消耗「正義コスプレマンの度を越えた誹謗中傷」

f:id:josou-world:20190701185256p:plain


この「ネガティブ暇人による公的な人の消耗」は有名人等にも向けられます。
少しでも倫理的におかしな行為を行うと正義の羽をlつけた「正義コスプレマン」たちが、
夏の光に集まる虫のようにやってきて「おかしいだろ」と総突っ込みをします。
それがエスカレートして、個人の度を越えた誹謗中傷等になっていることもたくさんあります。

公的な人がおかしなことをすることを監視するという役目は、たしかにネットのいい部分でもあるのですが、それを超えて「ただの人格否定攻撃」になっている人が本当にたくさんいます・・・
そんなことを気にしない公的な人もいますけど、中にはそれでひどく傷つく人もいるわけですよ・・・。

 
正義のコスプレをした正義マンたちが一斉に公的な人をたたくのも、
「公的な人をたたくことで自分が優位に立っている」と錯覚することでストレス発散をしているのですよ。

kuriharachiaki.hateblo.jp

もちろんこれは、ミドルメディアやブロガーなどの個人メディアを運営する個人に向けられる場合もあります。

 

そんなことをしても、自分の人生が変わるわけでもなければ、
その人よりも優位に立てるわけでもないのに。
なぜそんなことをするネガティブ暇人がいるのでしょうか・・・?

「コンビニ店員に土下座させる」とか、、、マジで意味不明じゃないですか。

 

なぜ、ネガティブ暇人による公的な人の消耗が起こるのか?

f:id:josou-world:20190701185342p:plain


結局、ネガティブ暇人による公的な人の消耗が起こる原因は主に2つあると思っていて、

・理由1:不幸な人が増えている
・理由2:「公的な人=弱者」だと勘違いさせる日本の過接遇社会

これらが理由なんですよ。



二極化社会で「貧困=不幸」という旧来の価値からアップデートできない不幸な人々が増えている

要はもう、この社会は二極化社会で、もうそれは止まることはないのですよ。
自由主義資本主義を行っている限りね!

 それは↓の記事を見ればわかるよ!

kuriharachiaki.hateblo.jp

 もう貧富の差はなくならないから!!

もちろん、がんばれば「富」の側になれるけどぶっちゃけ運ゲーの側面もあるので、「こうすれば絶対に豊かになれます!」っていう方法なんてぶっちゃけこの世にはないわけ。

 
なのに「あなたは成功できます!」とか言ってお金を巻き上げる人々はいるんだけどねwww騙されちゃだめよwww

kuriharachiaki.hateblo.jp
でもそもそも「貧乏=不幸」というのが思い込みなのですよ、もはや。

それは、「モノを持って、お金を払わないと楽しいことができなかった時代」の名残りなのですよ。そんな時代だと、価値の交換兼であるお金を持っている=豊かな方が幸福だったわけだけど、

今はもう真逆の時代でしょ?「モノを持たずに、お金を払わなくても楽しいことができる時代」なわけじゃん?

「貧乏だったら不幸だ」というのはただの思い込みなのですよ。勘違いだからw

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

でも、そんなことがわからない人々にとっては、二極化社会はつらい社会になってるの。「豊かな人はどんどん豊かに、貧乏な人はどんどん貧乏に…」そんな社会を生きているんだもの、私たちは今。

くりりんの日記で何度も言ってるけど、私も別に貧乏なわけではないけど、月10万円くらいで暮らしてるよ?それでも、毎日好きなことやって、毎日楽しく暮らしています(*´з`)♡

kuriharachiaki.hateblo.jp

そんな人が増えると、ストレスのはけ口をどこかに向けようとするわよね?
それが今までは居酒屋だったりしたわけよ!!!!


でも、みんな貧乏になってくると居酒屋なんかにお金を使うよりも、
公的な人に正義マウントやモンスタークレームマウントをとってストレス発散してるほうが安くすむじゃん??

だから、ネガティブ暇人な人は公的な人にストレスのはけ口を向けちゃうっていうことなの。そんなことをしても何の意味もないのにね。


だから、「貧乏=不幸ではない」という価値観を「ただのポジティブシンキングではない事実なんだ」とみんなが気づくことが大事だと思うわよ(^^)/♡

 

さらに・・・!

公的な人は弱者ではない、対等の関係のはずなのだ。過接遇なんてやめてしまえ!お客様は神様じゃない。

f:id:josou-world:20190701185433p:plain


最後にこれ。

私ね、昔ちょっとだけシンガポールに住んでたことがあるの。で、シンガポールから日本に戻ってきて一番驚いたことが、

日本の店員さんってものすごく態度がいい

ってことなのねw

 

背筋も伸びてるし、言葉遣いも丁寧だし、笑顔もあるじゃん?

シンガポールのいるときなんてほぼ真逆だったよw

背筋は伸びてない、言葉遣いは乱雑、笑顔なし
(もちろん全部の店がそうじゃないけど)

でも、私は「それでいい」と思うのよ。


日本って異様に過接遇じゃない??

マジでおじぎの角度とかどうでもいいし!!!!
言葉遣いとかも普通でいいし!!!「ございます」とかいらないし!!
おかしなクレーマーにもちゃんと対応するでしょ?どう考えてもお、伊勢が悪くなくても「申し訳ございません」でしょ?おかしくね?( ;∀;)


だいぶマナー講師はディスっておいたけど、マナー講師とかいうわけのわからない存在のせいで、異様な過接遇とかも普通に浸透してるじゃん・・・

kuriharachiaki.hateblo.jp

もうさ、「お客様は神様」ってやめにしようよ!


店員さんはサービス提供者、お客さんはサービス受給者でいいじゃん?
それ以上でもそれ以下でもないじゃない。

人間として、

・嘘をつかない
・お互いを尊重しあう

これさえ守ってれば、いいじゃん?公的な存在の人って、別に私的な人の下でもなんでもないんだよ!!!
客だからって、公的な人を侮辱するような発言をしたり、奴隷を扱うかのような言動を許容されるわけがないのですよ。


でも今、普通に「お客様だからしょうがない・・・・」みたいになってるじゃない?

それ、やめようぜって話。


結局さ、仕事中は公的な人である人が、仕事が終わって私的な人になると、
違う公的な人である店員さんとかに偉そうな態度とかとったりしてるわけでしょ?

これ俯瞰すると、ストレスをなすりつけあってるだけじゃん。。。
こんなのもうやめた方がいいと思うのよ・・・( ;∀;)

 

・理由1:不幸な人が増えている
→貧困は不幸じゃない!→ストレスの原因を破壊


・理由2:公的な人が「弱者だ」と勘違いさせる日本の過接遇社会
→過接遇をやめよう!→公的な人がストレスのはけ口にされる可能性を破壊


こうすれば少しは、ネガティブ暇人に公的な人々が消耗されることも
減る気がするんだよなぁ( ;∀;)♡

 

みんながハッピーになれるほうがいいじゃん!
本日はここまで!

seeya(^^)/♡

 

https://twitter.com/kuririn_chiaki/status/1143721129816674304

「このブログ面白いじゃん!」と思った方 ★
ぜひ「読者登録」をよろしくお願いいたします(^^)/
↓↓↓↓ポチっとお願いいたします♡↓↓↓↓